ecoLip

ホーム【解説】昨日の経済ニュース老舗ジーンズのリーバイスが上場。その目的やアパレル業界の勢力図は?

icon

ニュース

2019.03.22老舗ジーンズのリーバイスが上場。その目的やアパレル業界の勢力図は?

Summary

3月21日、リーバイスブランドで知られる老舗ジーンズのリーバイ・ストラウス社が、ニューヨーク証券取引所に上場しました。リーバイスはかつて1971年に上場したのですが、1985年に上場を廃止していました。今回、2019年に再上場した理由は何か。解説します。

リーバイスの売上は6,000億円を突破。ただ、EC化など、危機感も強い

 

リーバイスは1853年創業。ゴールドラッシュで賑わう米サンフランシスコで衣料品店を開業し、1870年代に作業着としてブルージーンズを開発しました。1971年に上場しましたが、1985年に「短期的な目線ではなく長期的な視点で経営するため」との理由で、創業家の子孫であるハース家がリーバイ・ストラウス社の株式を取得し、非上場化しています。創業家の子孫であるハース家が現在も株式の大半を保有しています。

現在、リーバイ・ストラウス社の経営はチップ・バーグ(Chip Bergh)CEOが担っています。2011年の就任以来、チップCEOは数々の戦略を打ち出し、目覚ましい業績を上げています。リーバイスは米国で最大のジーンズブランドです。2013年の市場シェアは11.6%でしたが、2018年には12.1%に拡大しています。2018年度の売上高は55億7500万ドル(約6,132億円)の水準に達しています。なお、チップ氏はリーバイスブランドのジーンズを愛用していることでも有名で、上場のセレモニーでもジーンズ姿で登場しました。

ただ、リーバイスにも危機感があるようです。米国におけるジーンズの売上高は、過去5年間で11%ほど減少しています。リーバイスと競合するディーゼルは、つい先日の2019年3月5日に破産を申請したばかりです。

リーバイスのEC経由の売上は事業の約35%を占めていると言われます。言い換えると、リーバスの2018年の売上高の6割以上がリアル店舗からとなっています。老舗百貨店のシアーズが2018年10月に破産するなど、リーバイスブランドを取り扱う店舗は減少していく一方であり、EC化の波に乗り遅れるわけにはいかないという事情もあります。また、グローバル展開、特に中国市場への進出加速にも力を入れたい考えを持っています。中国では中小の競合企業が先行しており、リーバイス事業のうち中国での売上は5%未満となっています。

なぜリーバイスは上場(1971年) ⇒ 非上場化(1985年) ⇒ 再上場(2019年)したの?

 

株式上場の仕組みについて知りたい場合はこちらの記事をご覧ください。
https://ecolip.net/article/20190223_1264

株主のお金を使ってビジネスをすることになるので、上場していると様々な制約があります。株主からは常に事業の成果を求められるので、どうしても短期的な視点で経営を行うことが多くなり、大きなチャレンジに取り組みづらくなると言われています。

そのため、一度上場したにもかかわらず、創業家の子孫であるハース家がリーバイ・ストラウス社の株式を取得し、非上場化。中長期の視点で経営に取り組み、業績を回復させました。

そんな背景がある中で今回の上場。経営面の自由度を犠牲にしても、ネット通販、海外展開の拡充などを行うために大幅な資金調達に踏み切ったと報道されています。調達資金は主に設備投資に充当される他、将来的には買収資金として使用する可能性も示唆されています。

アパレル業界は二極化が進み、勝ち負けがハッキリしつつある

 

コンサルティング会社McKinsey&Companyが作成したファッション業界のレポートによると、500以上のファッション企業の調査した結果、上位20%の企業が業界全体の9割以上の利益を稼いでいると指摘しています。偏りは年々高まっています。特に、ハイエンドブランドとファストファッションが成長する一方、中間に位置するブランドは圧迫されています。

McKinsey&Companyのデータより作成)

 

ただ、ジーンズは米国のワードローブの基本で、小売りの綿製品全体の約20%を占めています。米国人の多数がジーンズを保有しており、様々な年齢・性別・階層に愛用されています。また、最近は高級デニム市場の成長が業界の起爆剤となっています。米国の調査会社であるNPD Groupが公開したデータによると、デニムジーンズの売上は、2018年7月までの1年間で、前年同期比で5%の増加となっています。NPD Groupは米国のジーンズ市場の規模を164億ドル(約1.8兆円)と試算しています。

米国市場は今後、経済・社会・人口動向の影響を受けて、更に成長していくものと思われます。リーバイスの今後の成長に期待です。

ページの先頭へ

NEWS Dictionary

[ 50音・英数字で検索 ]

期間を指定

  ~  

NEWS Calendar

78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
       
     12
31      
     12
3456789
2425262728  
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
       

NEWS Category